サイト内
By Yahoo! JAPAN
伊勢型紙おおすぎ

無臭柿渋を使って糸染め・手織した暖簾

 佐竹様から、無臭柿渋を使って糸染め・手織された暖簾の写真をいただきました。
糸染めは難しそうですが、ホームページを拝見すると、魅力も伝わってきます。

 2年ほど前に無臭柿渋を分けていただき糸染めに使ってみました。
あまりごわごわにならないように2~3倍に薄め5回ほど染め重ねてみましたが、色むらが気になってそのまま1年以上寝かしてありました。
今年に入って思い立って織ってみたところ、自然の染めむらがとてもいい感じで配色に藍を使って暖簾にしてみたところとても好評です。
日当たりの良いところでは普通の染料は色がさめるものですが、柿渋の場合はむしろさえてくるような気がするのがうれしいですね。
 さらに挑戦の幅を広げて行きたいと思っておりますので、またよろしくお願いします。

佐竹様のホームページ「染め織り工房 Wood Lands」

柿渋染め糸の手織 無臭柿渋染め糸の暖簾

柿渋・漆の関連ページ

関連ページ:柿渋グッズ販売 関連ページ:かぶれにくい漆 関連ページ:柿渋について

柿渋のご紹介と販売

柿渋について(補足)

かぶれにくい漆について:ご紹介と販売

かぶれにくい漆について:補足とQ&A

柿渋染め製品を販売しています。 柿渋染め帆布(生地)の販売も始めました。

柿渋の使用例・ご感想・参考画像へのダイレクトリンク(お客様からと当社テスト混在です。)

築90年リフォーム 建築内装 ラブフルート 土蔵外壁 瓢箪 暖簾 サンルーム内装 納戸庵の床 グリーンランドパドル 竹かご和紙 カヤック ケーナ ウッドデッキ ひょうたん 墨汁混合 石けん1 石けん2 弁柄 乾性油・蜜蝋ワックス・リボスオイル 薄い和紙 厚い和紙 ベニヤ板1 ベニヤ板2 ベニヤ板ムラ Tシャツ1 Tシャツ高粘度 ケヤキ ケヤキその後 栗その後 タモ タモその後 水目桜 水目桜その後 ヒノキ断面・竹 塗布直後 墨汁 黒シミ除去 漆下地 木材表面拡大

Copyright(C)Osugi,.co.ltd. All rights reserved.*このページの内容の無断転載・複写等を禁じます。
株式会社大杉型紙工業 〒510-0243 三重県鈴鹿市白子三丁目8-6  Tel 059-386-0271  Fax 059-387-1513