サイト内
By Yahoo! JAPAN
伊勢型紙おおすぎ

柿渋塗布サンプル Tシャツ生地(その1)

柿渋のご紹介と販売

 柿渋にTシャツを浸して染めました。乾燥・発色後の様子をご覧ください。

Tシャツ生地に柿渋を使用

白い無地のTシャツの下半分を、当社の4種類(高粘度・中粘度・低粘度・無臭柿渋)の柿渋に浸しました。
乾くと、粘度の高い順に風合いが硬くなります。
布などの繊維に使用する場合は、染めムラ防止と風合いが硬くなるのを防ぐために、原液ではなく、水で薄めて使用する方が無難です。
生地が満遍なく浸るようにして染めないと、柿渋の浸透が不均一になり、発色後の色ムラの原因になります。

柿渋染め:Tシャツ生地1

Tシャツの下半分を染めました。
高粘度品>中粘度品>低粘度品>無臭品の順に風合いが硬く仕上がりました。
高粘度はゴワゴワです。
高粘度品以外の発色は似ています。無臭品も良く発色しています。

【追記】当初は高粘度品で染めたものの色合いが他と異なりましたが、
時間の経過とともに、4種類の発色の差は無くなり、
しいて言えば
高粘度と中粘度が他の2点よりも僅かに濃い程度になりました。

柿渋などの関連ページ

関連ページ:柿渋グッズ販売 関連ページ:かぶれにくい漆 関連ページ:柿渋について

柿渋のご紹介と販売

柿渋について(補足)

かぶれにくい漆について:ご紹介と販売

かぶれにくい漆について:補足とQ&A

柿渋染め製品を販売しています。 柿渋染め帆布(生地)の販売も始めました。

Copyright(C)Osugi,.co.ltd. All rights reserved.*このページの内容の無断転載・複写等を禁じます。
株式会社大杉型紙工業 〒510-0243 三重県鈴鹿市白子三丁目8-6  Tel 059-386-0271  Fax 059-387-1513