サイト内
By Yahoo! JAPAN
伊勢型紙専門店おおすぎTOPページへのリンク
伊勢型紙

伊勢型紙の彫刻技法

 渋紙(地紙)を彫り抜く(切り抜く)技法には次のようなものがあり、それぞれに応じた小刀(こがたな…彫刻刀)・道具を用います。一つの技法を習熟し極めるためには長い年月を要するため、一人の職人が本当に得意とする技法の数は1つか2つ程度になるのが通常です。かつて人間国宝(重要無形文化財)に指定された方々も、例えば六谷紀久男(錐彫り)・児玉博(縞彫り)・・(敬称略)というように名人にはそれぞれ得意な技法がありました。

縞彫(しまぼり)・引彫(ひきぼり)

縞彫
伊勢型紙の彫刻技法:縞彫り
中柄
伊勢型紙の彫刻技法:中柄
引彫(ひきぼり)用の小刀1 引彫(ひきぼり)用の小刀2

 鋼(はがね)の定規に小刀をあて、手前に引きながら、均等間隔に縞柄を彫ります。単純な作業のようですが、実は、間隔をコントロールするために、高度な集中力を要する技法です。1センチ幅に最高11本もの縞を彫ることもあります。縞彫りまたは、引彫りと呼ばれます。

縞彫以外でも、小刀を引いて使うことから、友禅・浴衣の中柄を彫る技法も、引彫とよばれます。

糸入れ

糸入れ(拡大)
薄茶色の横線部分
糸入れ作業をする木枠
木枠に貼って作業します。
絹糸
絹糸

 縞彫の場合、小刀で彫った後、紙を固定するために「糸入れ」という加工が施されます。染色するためには、縞状の紙が動いては困るからです。縞彫り用の型地紙は、あらかじめ、2枚に剥がし易いように作られており、彫り上がった後、2枚に剥がし、その間に、縞に対して横方向または、斜めに絹糸を何本も挟み、柿渋で元の一枚に張り合わせます。下図の、ヨコ方向の線が糸入れされた糸です。
従来はすべての技法で糸入れが用いられていましたが、「紗張り」(しゃばり)という技法が用いられるようになってからは、縞彫りだけに用いられています。

突彫(つきぼり)

伊勢型紙の彫刻技法:突き彫り 突き彫りの小刀(刃先)
突き彫りの彫刻

 5~8枚程重ねた地紙を、直径2~3センチの穴のあいた板(穴板:朴の木が使われる)の上に乗せて、刃先を1ミリ~2ミリに鋭く砥いだ刃先を前方に向けて垂直に突き立て、上下に動かしながら押すように彫り進みます。

彫り口に微妙な揺れがあり、いかにも手彫りという独特の「あじわい」と「あたたかさ」があります。

道具彫(どうぐぼり)

伊勢型紙の彫刻技法:道具彫り
道具彫りの道具(分解状態) 道具彫りの道具(刃先)
道具彫りの彫刻1 道具彫りの彫刻2

 2枚合わせで作られた刃先を、菱・角・花びら等々、様々な形に加工します。これを「道具」と呼び、この技法の難しさと特色は、道具を造り始める瞬間から始まります。職人は、柄に必要な「道具」を、何百本という自分の持ち物から選ぶか、なければ、先ずその道具を作り、その後で彫刻にとりかかるのです。

江戸時代には「ゴットリ」とも呼ばれ、複雑な紋様が均一に彫り上がるところから、小紋柄には欠かす事のできない技法です。

【参考】→道具彫りの道具

錐彫(きりぼり)

伊勢型紙の彫刻技法:錐彫り
半錐(はんぎり) 半錐(はんぎり)の刃先

 半円筒形の刃先(錐)を地紙に垂直に立て、半回転させることにより一つの丸い穴をあけ、その連続で柄を作って行きます。鮫(さめ)・行儀・通し(とうし)・アラレ等の伝統的な錐小紋柄が、この技法で、作られます。

1センチ四方に100個程の穴を彫ったものもあります。微妙な力加減で、穴の大きさが変わってしまうため、やはり、非常に集中力を要する技法です

小刀(道具)の比較

伊勢型紙の刃物(小刀・半ギリ・道具)

最後に、それぞれの技法の小刀(道具)を比較してみます。
左から、突彫り・引彫り・錐彫り・道具彫りの道具(一例)です。

ご参考

伊勢型紙の彫刻などの画像(主に静止画。動画もあり。)
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)「教育用画像素材集」>匠の技と心 - 染織(せんしょく)
IPA教育用画像素材集

Copyright(C) Osugi,.co.ltd. All rights reserved.*このページの内容の無断転載・複写等を禁じます。
株式会社大杉型紙工業 〒510-0243 三重県鈴鹿市白子三丁目8-6  Tel 059-386-0271  Fax 059-387-1513
↑TOP