サイト内
By Yahoo! JAPAN
伊勢型紙おおすぎ

磨いたケヤキの板にかぶれにくい漆(うるし)を塗ってみました。

 先ず、ケヤキの板をサンドペーパーで磨きました。
番手は#500程度から始め、最終は#1500の耐水ペーパーで水をつけずに磨くと、かなり滑らかになります。
(普通、拭き漆ではここまで細かい番手は使用しないようですが、ちょっと意地になって磨いてしまいました。)

漆(かぶれにくい漆)は合計3回塗りました(拭き漆)。
木地の表面がツルツルなので、漆が伸ばしやすく塗りやすかったです。綿の生地を使って塗りましたが、繊維が付着しないように注意が必要です。

下の画像は、3回目の漆の塗布直後です。
ほこり除けのため、段ボールの箱に入れ蓋を閉じて、乾かします。

ケヤキの板に漆を塗布(3回目塗布直後)

最終乾燥後の画像です。
湿気と温度を加えず、放っておいて乾燥させましたので結構時間がかかりました。
(冬の暖房をしていない室内で、1週間ほどかかりました。)

ケヤキの板に漆を塗布(乾燥後の様子)

柿渋・漆の関連ページ

関連ページ:柿渋グッズ販売 関連ページ:かぶれにくい漆 関連ページ:柿渋について

柿渋のご紹介と販売

柿渋について(補足)

かぶれにくい漆について:ご紹介と販売

かぶれにくい漆について:補足とQ&A

柿渋染め製品を販売しています。 柿渋染め帆布(生地)の販売も始めました。

Copyright(C)Osugi,.co.ltd. All rights reserved.*このページの内容の無断転載・複写等を禁じます。
株式会社大杉型紙工業 〒510-0243 三重県鈴鹿市白子三丁目8-6  Tel 059-386-0271  Fax 059-387-1513