サイト内
By Yahoo! JAPAN
伊勢型紙おおすぎ

柿渋と墨汁の混合

 墨汁と柿渋を混合する際に上手く混ざらないというご意見をいただきましたので、参考になるか判りませんが、一つの方法として、下記をご紹介いたします。両方が原液では分離してしまいますので、墨汁(書道液)を先に水で薄めます。この方法は別ページ「墨(墨汁)を混ぜて、木に塗りました。」に注記したものですが、実際の画像を掲載します。
タンニンと墨汁の成分である煤(またはカーボン)・膠等の相性によるものだと思うのですが、化学的な根拠は判りません。タンニンはたんぱく質等と反応し強く結合して難溶性の塩を形成する・・らしいので、膠(ニカワ:たんぱく質が主成分)とタンニンの問題でしょうか。
 但し、今回使用した墨汁(書道液と記載されています)の成分表示が無かったので、ネットで書道液の成分を検索してみるとニカワの代わりに合成樹脂が使用される場合もあるようなので、墨汁の成分も様々で、下記の方法が全ての墨汁に当てはまらないかもしれません。ご注意ください。
  ※柿渋は当社販売の「中粘度」を使用しました。

柿渋のご紹介と販売

柿渋と墨汁を混ぜるテスト

1.柿渋の原液と墨汁(書道液)をそのまま混ぜても、分離します。↓

柿渋原液と墨汁をそのまま混合

2.柿渋を水で薄めたものに、墨汁(書道液)を混ぜても、混ざりません。↓

柿渋を水で薄めたものと墨汁を混合

3.先に墨汁を水で薄めてから、柿渋原液と混合すると下のように混ざりました。↓

先に墨汁を水で薄め、柿渋原液と混合

柿渋などの関連ページ

関連ページ:柿渋グッズ販売 関連ページ:かぶれにくい漆 関連ページ:柿渋について

柿渋のご紹介と販売

柿渋について(補足)

かぶれにくい漆について:ご紹介と販売

かぶれにくい漆について:補足とQ&A

柿渋染め製品を販売しています。 柿渋染め帆布(生地)の販売も始めました。

柿渋の使用例・ご感想・参考画像へのダイレクトリンク(お客様からと当社テスト混在です。)

築90年リフォーム 建築内装 ラブフルート 土蔵外壁 瓢箪 暖簾 サンルーム内装 納戸庵の床 グリーンランドパドル 竹かご和紙 カヤック ケーナ ウッドデッキ ひょうたん 希釈水の比較 皮革の染色 柿渋ワックス作り 墨汁混合 石けん1 石けん2 弁柄 乾性油・蜜蝋ワックス・リボスオイル 薄い和紙 厚い和紙 ベニヤ板1 ベニヤ板2 ベニヤ板ムラ Tシャツ1 Tシャツ高粘度 ケヤキ ケヤキその後 栗その後 タモ タモその後 水目桜 水目桜その後 ヒノキ断面・竹 塗布直後 墨汁 黒シミ除去 漆下地 木材表面拡大

Copyright(C)Osugi,.co.ltd. All rights reserved.*このページの内容の無断転載・複写等を禁じます。
株式会社大杉型紙工業 〒510-0243 三重県鈴鹿市白子三丁目8-6  Tel 059-386-0271  Fax 059-387-1513