株式会社アイ・アール・シー様から

 埼玉県深谷市で1級古民家鑑定士の資格を取得しながら、古民家の再生に取り組んでおられる株式会社アイ・アール・シー様から、築90年の建物リフォームの様子を、コメント付きの写真でご紹介いただきました。 無臭柿渋をご利用いただきましたが、柿渋塗装以外の写真もとても参考になると思いますので、全て掲載させていただきました。 施主様は勿論、見学者のお客様にもご好評だったとのことです。白い壁に柿渋を塗った古材の丸太が綺麗ですね。

築90年の、養蚕用「納屋」躯体残しの手作業解体終了。

築90年の、養蚕用「納屋」躯体残しの手作業解体終了。正面から見たところです。足場・補強筋交いを入れた。修正したところで、込栓をもう一度締め付け。

震災の影響で、南・東に傾カいた。 現況の躯体に「修正」した後に、筋交い補強した。

震災の影響で、南・東に傾カいた。 現況の躯体に「修正」した後に、筋交い補強した。

西側の日本壁「泥壁」は残し。小屋組は「伝統工法」木組である。

西側の日本壁「泥壁」は残し。小屋組は「伝統工法」木組である。

東側の側面です。

東側の側面です。

「伝統工法」木組である。南側の中央柱。 釘は一本も使われてなく、全て「込栓」で止めてある。

「伝統工法」木組である。南側の中央柱。 釘は一本も使われてなく、全て「込栓」で止めてある。

中央にある、柱です。栗石の上に、柱が乗っているだけです。

中央にある、柱です。栗石の上に、柱が乗っているだけです。

中央にある柱です。この柱一本でこの家を支えています。

中央にある柱です。この柱一本でこの家を支えています。「伝統工法」の木組。全て込栓で止めてある。

躯体の「傾斜」がありましたので、多めに筋交いを入れました。

躯体の「傾斜」がありましたので、多めに筋交いを入れました。

「伝統工法」木組。あちこちに「込栓」見える。

「伝統工法」木組。あちこちに「込栓」見える。

小屋組は、松の丸太組み。

小屋組は、松の丸太組み。

躯体の洗浄です。

躯体の洗浄です。

高圧洗浄機にて、躯体洗浄。大量の「煤」が取れました。

高圧洗浄機にて、躯体洗浄。大量の「煤」が取れました。

柿渋を水と割る容器です。内側・外側に1Lごとに「目盛」のマークあり。次口が漏斗に成っている。

柿渋を水と割る容器です。内側・外側に1Lごとに「目盛」のマークあり。次口が漏斗に成っている。

刷毛塗{水溶性刷毛}使用。容器はプラスチック製。

刷毛塗{水溶性刷毛ハケ}使用。容器はプラスチック製。

古材のため、非常に乾燥していたので、エアー塗布・ハンドスプレー機を使い塗布。その後斑が出来ない用に、刷毛で慣らす。

古材のため、非常に乾燥していたので、エアー塗布・ハンドスプレー機を使い塗布。その後斑が出来ない用に、刷毛で慣らす。1:1の割合で柿渋を作る。

一回塗り後、7日後に原液100%塗りです。柿渋2回塗りです。

一回塗り後、7日後に原液100%塗りです。柿渋2回塗りです。

柿渋2回塗りです。養蚕納屋の為、根太棒が細く、住宅用には根太を大きく(太く)する必要がある。古い根太は全て撤去。

柿渋2回塗りです。養蚕納屋の為、根太棒が細く、住宅用には根太を大きく(太く)する必要がある。古い根太は全て撤去。

柿渋2回塗りです。

柿渋2回塗りです。

柿渋2回塗りです。中央柱です。

柿渋2回塗りです。中央柱です。

新しい、米松根太に柿渋塗布。新材の為、米松の油分が多く含まれているので、良くしみ込まない。5回塗布いたしました。

新しい、米松根太に柿渋塗布。新材の為、米松の油分が多く含まれているので、良くしみ込まない。5回塗布いたしました。

中央柱の処です。古材、新材の根太、共に柿渋が塗布されているが、色の違いが良く解る。天井床材は杉板無垢30㎜その上に床材15㎜使用。

中央柱の処です。古材、新材の根太、共に柿渋が塗布されているが、色の違いが良く解る。天井床材は杉板無垢30㎜その上に床材15㎜使用。

3回塗りです。押し入れの丸太古材に「白のクロス」。

3回塗りです。押し入れの丸太古材に「白のクロス」。押し入れでは、勿体無いです。

石膏ボードの上に「スペイン漆喰」を塗りました。

石膏ボードの上に「スペイン漆喰」を塗りました。画面では良く解りませんが「コテ」塗りだけの、凹凸が有り、とても奥深い仕上がりに、成りました。

スペイン漆喰コテ仕上げの為に、クロスと違い壁の奥行き感があり、非常に落ち着く。

スペイン漆喰コテ仕上げの為に、クロスと違い壁の奥行き感があり、非常に落ち着く。

完成。玄関前

完成。玄関前

リビングより玄間側の漆喰壁

リビングより玄間側の漆喰壁

リビング中央にある、古材に漆喰壁が良くマッチしている。

リビング中央にある、古材に漆喰壁が良くマッチしている。

リビングより、キッチン方面を見た写真

リビングより、キッチン方面を見た写真。古材・新材共に柿渋を塗布していますが、材料が古材・新材の色具合に変化あり、とても良い。

2階に上がる階段に、古材が良く似合う

2階に上がる階段に、古材が良く似合う。

主賓室の収納庫の上に見える、丸太の古材素晴らしい。

主賓室の収納庫の上に見える、丸太の古材素晴らしい。柿渋と漆喰仕上げとのバランスがとても良い。照明器具も和紙を使用している。

主賓室の天井部分。小屋組みの柿渋丸太がとても良い

主賓室の天井部分。小屋組みの柿渋丸太がとても良い

天井部分
子供部屋1 お子様がとても喜んでいます。

子供部屋1 お子様がとても喜んでいます。古材の丸太に柿渋がしみこみ、重厚な色。深みがある

子供部屋2

子供部屋2

古材・新材共に柿渋3回塗り。良い色が出ました。

古材・新材共に柿渋3回塗り。良い色が出ました。

階段上がり口の天井部です。古材・新材

階段上がり口の天井部です。古材・新材

柿渋・漆の関連ページ

関連ページ:柿渋グッズ販売 関連ページ:かぶれにくい漆 関連ページ:柿渋について

柿渋のご紹介と販売

柿渋について(補足)

かぶれにくい漆について:ご紹介と販売

かぶれにくい漆について:補足とQ&A

柿渋染め製品を販売しています。 柿渋染め帆布(生地)の販売も始めました。

↑TOP