木蝋とカルナバ蝋

 蜜蝋ワックスを自作したことで蝋(ワックス)に興味を持ち、木蝋とカルナバ蝋を入手しました。
木蝋はハゼノキやウルシの果実から採れるもので、和蝋燭に用いられることで知られます。
またカルナバ蝋はカルナバ椰子という植物の葉から採れ、自動車のワックスに含まれているというので耳にしたことがあります。
蜜蝋がミツバチの分泌物で、ミツバチの巣の成分であることを考えると、動物性と植物性の違いはどうなのでしょうか。

木蝋の色は少し緑がかった薄い黄色です。
柔らかく、常温(25度程度)でも触ると手に付着します。

木蝋

反対にカルナバ蝋はかなり硬いもので、色はクリーム色。外見は、硬いチーズと言われれば信じるかもしれません。

カルナバ蝋

 オイルと混ぜてワックスを作ることを考えると、木蝋は柔らかすぎ、カルナバ蝋は溶かすのが大変なくらい硬いようですので、やはり蜜蝋が使いやすいかもしれません。
ただ木蝋もカルナバ蝋も使って見たい素材ではあります。

柿渋・漆の関連ページ

関連ページ:柿渋グッズ販売 関連ページ:かぶれにくい漆 関連ページ:柿渋について

柿渋のご紹介と販売

柿渋について(補足)

かぶれにくい漆について:ご紹介と販売

かぶれにくい漆について:補足とQ&A

柿渋染め製品を販売しています。 柿渋染め帆布(生地)の販売も始めました。

↑TOP